ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

アイドル陰謀論続き

      2015/07/13


前回の続き

 

大した裏打ちはありませんがご容赦ください。

 


「良い曲だから売れる」というのは夢物語だということがおわかりいただけたでしょう。

 

さて、前回も言いましたがCDは過去の遺物。明らかに人々はCDを買わなくなりました。

音楽事務所はあんまり困りません。別に音楽が売れればいいのですから。強いて言うなら何万枚☓600円(CD1枚における事務所の売上)が入らなくなるわけですが、CDは元々利率が悪いのでちゃんと利益が得られる方法で音楽が知られるなら御の字までとはいかなくても、「良い曲だから多くの人に知ってもらおう」という目標は達成できたわけです。

 

ここで困るのはレコード店、流通です。彼らはなぜかCDにこだわり続けたため死に寸。

 

そこに救世主が現れました。AKB48です。

このユニットは「たくさんCDを買えばその分だけ嬉しい思いができる」という、通称特典券商法を積極的に押し出してきました(アイドルとの握手とかはAKB以前から割と普通に存在しています)。

つまりAKBのようなシステムが広がれば、今までと形が違うとはいえ一応CDは売れる。円盤業界の応急処置です。

 

流通やレコード店はアイドルを応援し始めます。このシステムを取るアイドルを優遇します。だって最も簡単にCDが売れる方法ですし、よくわからない中規模アイドルだと向こうから頭を下げて「売ってください」と言ってきてくれる便利な相手です。アイドルに助けられてるのは円盤業界だと言うのに。

 

そして中間搾取層はアイドルを積極的に応援するようになる。

ここでコネを全力で発動します。つまり残りのルートの、ネットとマスコミを巻き込む。

マスコミは面白おかしくAKBを取り上げる。流行に敏感()な人たちは面白半分でCDを買ってみる。何人かはハマる。中間搾取が儲かる。大成功です。

 

ここまで来るとネットの音楽系ニュースサイトもアイドルを無視できなくなるでしょうが一応ネット側にも持ちかける。やっぱり反響がある。テレビやラジオを使わない層もアイドルを知るようになる。興味本位でCDを買ってみる。中間搾取が儲かる。大成功です。

 

結果、音楽を知るルート全てがアイドルを持ち上げる。そうして過熱状態になる。音楽事務所や一部のクリエイターはこの現象を見逃さずにアイドルユニットを立ち上げる。流行に乗って作ったユニットなんですから当然今流行りのCDを大量に買わせる戦略を取る。中間搾取が儲かる。大成功です。

 

 

中間搾取とか変な利権やコネって歴史的に見ても変なねじれを巻き起こすじゃないですか。それが音楽業界においてはアイドル業界の異常な過熱として現れてると思いました。っていう妄想です。

 

 - アイドル語り