ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

アイドルとソシャゲのブログらしくアイドルとソシャゲについて

      2015/07/13


なんか気付いたら1ヶ月くらいご無沙汰しておりました、Jです。

1ヶ月の間何をしていたかと言われるとすごく困ります。
何もしてないですね!

このブログって何のブログだったかも忘れかける始末ですよ。

そんなわけでアイドルとソシャゲ(気付いたらPVの大半がスクスト)のヲタクやめたい.comですが、やっぱりアイドルとソシャゲ以外書くことないですね。
最近はお気づきの通り、全くソシャゲしていないです。白猫プロジェクトを2ヶ月くらい前に始めたらチュートリで飽きました。

そんなわけで更新しないとサーバー代がもったいないし、久々に時間もあるのでアイドルとソシャゲの関連性について思うことを適当に書いていきたいと思います。


アイドルとソシャゲの親和性

低いのではないでしょうか。

ソシャゲで成功しているアイドルってアイマスとスクールアイドルだけではないかと思います。

O0800062211640242043

Image

結局アイドル事変ってどうなったんでしょ、名前聞かないですねー。

実在するアイドルだとAKB周りとかIDOL☆J@Mとかいうソシャゲもありましたが、正直どちらもうーんって感じ。

南ことりちゃんは実在する?うんうん、なるほどなるほど。そういうとこ、あるよね。

AKBは僕があまり興味ないだけかもしれないですが、アイスト、アイドリング、女子流などのメンツを揃えたIDOL☆J@Mはアレでしたね。明言はしませんが。
なんで関西弁で話すアイドルのセリフが共通語なんだよ、って感じ。

まぁそれは運営側が適当だっていうだけの話ですが、そもそもアイドルをカード的に使って、っていうシステムが向いてない。

 

課金という幸せ

最近ソシャゲからめっきり離れてますがそれでもなお自信を持って言えます。
課金は幸せを買う行為だってね(ウインクしながら)

要はお金を払うことでユーザーは幸せに、運営は利益に、そんなwin-winの関係が築けてこそのコンテンツなんですよ。

例えば石なり課金アイテムなりを金払って買うとするじゃないですか。で、レアカードを引く。
これってキャラクターが実在しないからこそ成り立つシステムなんですよね。

え?何?南ことりちゃん?あー、サークルとかにいてほしいね。いたら俺もサークル入ってたわ。

こういうのマネタイズっていうんですか?よくわかりませんが。

 

実在するなら実際に話すなり握るなりさせたほうが効果的。強ステータスなんて金で買ってる暇があったら1枚でもCD買いますわ。
いつまでもスマホの画面とにらめっことか根暗かよwwwwwwwww

この壁が越えられないからアイドルと従来型のソシャゲは親和性が低い。
アイドルとソシャゲが、っていうよりも「従来型」のソシャゲと、ってかんじですね。

 

アイドル現場と競争性

さて、スクスト記事系ではかなり触れましたが、ソシャゲは他のユーザーとの競争です。

スクストはもろにユーザー間の競争を煽ってましたがレアカードだって一種の競争です。他の人が持ってないからこそ射幸心が煽られる。

この点からソシャゲを考えると実はアイドルとソシャゲって本質的には似てるところがあると思うんです。

アイドル現場なんて競争要素の塊ですよ。

最前、0ズレ、認知、強ヲタ、TO、推され…etc他のヲタと比較されてこそのドルヲタ用語は挙げればキリがありません。

要はヲタクって俺TUEEEEがしたいんですよね

しかもその中で上に行くのを諦めて自己満足に落ち着くっていうユーザーがいるのも似てます。
アニヲタ等二次元の人は「◯◯は俺の嫁」同士で敵視しあうことはほぼありませんが、ドルヲタには推し被り敵視がよくあるくらい。むしろアイドルの方が熾烈なソーシャルなのではないでしょうか。

競争心と応援心のカオス。それがアイドル現場。

正直この競争心を数値化すればいいんじゃね?とは思いますね。

例えば、ソシャゲではありませんが、DeNAが提供するSHOWROOM。

72166259752b3f65802d830016

 

下にたくさんのアバターが並んでいるのがわかりますね?
最前センターにいるのがポイントアイテム提供トップの方です。
SHOWROOMはニコ生に似たサービスですがコメントが平等ではありません。
ポイントアイテム提供上位のコメントのみ画面に表示されます。

しかも上位者はしっかりとハンドルネームも表示されてアピール力抜群。

IDOL☆J@MのグリーとSHOWROOMのDeNA。アイドル文化の研究力の違いが出てますね。

ただSHOWROOMのえぐさは上位がその番組(その回だけ?)ということ。
ソシャゲと違って強さが継続しないんですよ。
スクストで言えば毎回協力戦。

課金煽りはんぱないですねー。

ただ僕が思うにこれでは見返りが弱いです。
別にここでアピールするくらいなら現場で金使ってアピールしたほうがいい。時間は短くとも確実に話せるし、握れる。
少なくとも僕はそう思ったのでSHOWROOM課金はしませんでした。

ソシャゲとアイドルの間にある壁

アイドル使ってWEBサービスでマネタイズ?することの壁は実際に会って話せるというところなんじゃないかと思います。

なんだかんだ言いながらも現実の力は強大です。
もしもアイドルを使ってWEBサービスでマネタイズ?するならこの現実の壁を越えなければならないのです。
つまり1000円課金したら握手以上に価値ある課金サービスが必要なんです。

競争心から攻めたとしても、結局現場でのアピール以上のアピール力を残さなければ意味がない。

「SHOWROOMで1位だったね!ありがとう!」じゃ意味ないんです。
SHOWROOMに金使うくらいならCDとか物販買えよ!っていうのがアイドルの本心です。いや、それは嘘かもです。

多分アイドルは現場に来てほしい。WEBサービスはプロモーションでしかない。SHOWROOMにしろアメブロにしろ何にしろ、とりあえず使えるものは使って新しい客を増やしたい。
対してWEBサービスはそれさえよければそれでいい。ヲタを現場に行かせるメリットは特にない。

それに加えて現実の幸福感という圧倒的な壁が存在する。

これがアイドルとソシャゲがうまくいかない原因じゃないでしょうか。

アイドル側から見ればWEBサービスを使ってプロモーションをする、で止まってるんですよ。
じゃあ実際にWEBサービスから新規の客が現場に入ってくるのかといえばそうじゃない。アイドル側も1000人に1人がユーザーとなってくれれば万々歳な状態なのでしょうけども…。

で、ファン側から見ると一部を除いてWEBサービスにお金使うくらいなら物販とかで握る方が幸せ。
世の中金持ちばかりではないのでSHOWROOMで強ヲタアピールしてる余裕ないんですよ。二兎追うものはなんとやら。
だから思ったほど効果がない。SHOWROOMは結構上手く行ってる(ように見える)印象ですけど、アメスタとか何とか…。

なんか話がすでにソシャゲじゃなくなってる感ありますけど、ソシャゲなんて既存コンテンツ使って儲かればOKなWEBサービスの最たるものだと思うので間違ってないはず。

話としては

 

・競争の数値化、順位化
に加えて

・現場(現実)とのリンク、もしくは現実以上の価値の付与
ができないと厳しいんじゃないでしょうか。

二次元は後者を考える必要がないから成功例が多いんじゃないでしょうか。

文字通り「現実の壁」が存在している以上、やっぱりソシャゲひいてはWEBサービスとアイドルの親和性は今のところ低いのかもしれません。
でも競争という点にはまだ取っ掛かりがあると思います。そして現実の壁は課題であり、解決さえすれば新たな可能性はあると思います。

 

例えばTwitterでのふぁぼやRTのような応援的機能を数値化、順位化して回数制限と時間回復を入れる。
もしくは閲覧回数・ポイント消費量を定める(ブログは1消費、映像は5消費等。映像は分単位で消費という方法もあり?)
ポイント消費などに応じて経験値が貯まりレベルアップ。
レベル◯以上しかこの写真は見れません、的な設定を加えるのもアリ?(新規にはハードル?)
期間ごとの上位者には何かしらの現実方面の特典を与える。
回数の回復には時間の他に課金アイテム、もしくはライブへの参加(GPSとかチケットにパスワードとか?)で対応。あるいはライブに行くと経験値がもらえる。
肝心のゲーム部分はゲームである必要はない。
SHOWROOMのような放送でもアメブロのようなブログでも、もはやインスタグラムのような画像だけでも、要はアイドルが発信する何かであれば良い。要は閲覧か応援行為が経験値となる。
ソシャゲでいう突発イベント的なものには生放送等?
課題:ドルヲタ以外の客の流入(こんなのドルヲタ以外絶対楽しくない)
サービス自体の特別感の演出(レベル◯以上が見れる写真や動画は結局現実に勝てない。MV公開されない曲のサービス内限定MVとかが妥当だがその製作資金は?ライブ限定曲などの非売楽曲データは恐らく不可能)

で、お前は今どのアイドル推してるの?

せのしすたぁには頑張ってほしいなって思ってます。

あと広島MAPLE★Sは可愛い。広島なら飛ばされてもいい。今ならそう思える。

 - アイドル語り