ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

トゥルーロマンス

      2015/07/13


今回見た映画はクエンティン・タランティーノのトゥルーロマンス。

 

 

個人的に好きなタランティーノ作品

パルプフィクション レザボアドッグス フロムダスクティルドーン

 

全部見るべきですが、特にフロムダスクティルドーン。1だけでいいので観てみてください。最高の映画です。

何が最高なのかは観ればわかります。


で今回のトゥルー・ロマンス。

まず「ロマンスとは何か」という点から始めましょう。

 

【ロマンス】

1 空想的、冒険的、伝奇的な要素の強い物語。特に中世ヨーロッパの、恋愛・武勇などを扱った物語をいう。ロマン。

2 恋物語。恋愛小説。

3 叙情的な内容の歌曲あるいは小規模な器楽曲。

4 男女の恋愛に関する事柄。恋愛事件。

5 腕を大きく振ったり体を大きく反るなどの過剰な応援好意 

(ロマンス-5の図)

 

Img iziri 02

 

 

 

 

以下ネタバレあります。

 

 

 

話は主人公クラレンスがバーで女性を口説いているところから始まります。 何故か映画の話でソニー千葉の映画へ誘うようなヲタクです。

 

もちろん振られます。

ヲタクは女の子と遊ぶことがあったら普通のデートスポットにしような! 自分が好きだから相手が好きとは限らないんですよ!

そして結局は一人で誕生日の夜に映画を見るわけです。 そこで運命の出会いが始まります。

 

相手は何故かソニー千葉の映画を見に来たアラバマです。

 

映画館に来たアラバマは足を段差に引っ掛けて持ってるポップコーンをクラレンスにばらまいてしまいます。

 

イメージ図

21000a091c9

 

あぁ、この展開は完全にロマンスですわ(二次元脳)

 

そして映画や音楽の趣味が合った二人は愛し合います。 しかし現実は甘くありません。アラバマはクラレンスの上司が呼んだコールガールだったのです。

もう一度言います。現実は甘くありません。 あなたが付き合ってるヲタク趣味のあの子もきっとヲタサー内で浮気してればいいのに!!

 

そう、甘い恋が訪れたと思ったら実は裏があって現実はそんなに甘くない。 だがしかしこの作品のタイトルは「トゥルー・ロマンス」。

ロマンスは全てを肯定します。

 

【速報】アラバマ、クラレンスにベタ惚れ【絶許】

 

おかしいだろ!!!!!!キレそう!!!!!(憤怒)

 

これもうブチ切れですよ。 ラノベとかの「出会った時から謎に主人公に一目惚れ」よりもひどいですよ。 だってコールガールですよ?クラレンスと遊んだのは仕事ですよ?

 

 

こんなの見せられたら 「コンカフェとかでもこういうロマンスワンチャンあるかもしれない」

とか思っちゃうじゃないですか!!!!!!!

 

 

悪質ですよ、悪質! きっとトゥルー・ロマンスはコンカフェや風俗の宣伝で、タランティーノはコンカフェの回し者に決まってる!!!(錯乱)

 

 

そして物語はこのへんから動き始めます。

突然クラレンスが思い立ってアラバマの派遣元(ドラッグのブローカー)を殺します。 アラバマを自由にするためです。

そしてアラバマの服を持って帰るクラレンス。 「服を取り返してきた」といってクラレンスがかばんを空けると、中身は大量のコカインだった!

 

視聴者的にはここまでの展開までが結構テンポよくて、全然飽きない上にさらにここから話が動くわけです。 構成がすごくいい。

 

で、父親に結婚報告して、ブローカー殺しの警察の調査の情報をもらって、ハリウッドにいる友人の元へ愛の逃避行。

 

このへんからクラレンスとアラバマが突然成金ウェイみたいな感じになります。

どう考えてもコカインを売りさばく気満々です。 こんなゲスいロマンス初めてだ…。

 

 

その後おやじさんがマフィアの襲撃を受けます。 ブローカー殺しの嫌疑をかけられたマフィアがクラレンスの身元を割ったわけですね。

 

このシーンの父親の毒もかっこいいけど、マフィアのシーンで流れるSoundgardenのOutshinedがかっこいい。

 

SoundgardenよりOutshined

 

<iframe width=”420″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/sNh-iw7gsuI” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>

 

 

この後の流れは、クラレンスの友達の同居人が何気なくクラレンスの居場所をマフィアに教える→アラバマが襲撃される→アラバマがボロボロになりながらマフィアを殺すわけですが、僕が思ってたロマンスはこんな血みどろじゃない。。。

 

その後の展開が秀逸

クラレンス:映画の大物プロデューサーにコカインを売る約束を取り付ける

ドラッグ売買仲介の俳優:コカインが警察に見つかってコカインの売買についてバラし警察の潜入捜査を手伝う

マフィア:例のごとく同居人からドラッグ売買の場を突き止める

 

このドタバタ感ね。 レザボアでも出てきたけど、なかなかこう上手くは構成できないと思う。

 

でもって案の定鉢合わせで撃ち合い。 目を撃たれて片目失明したクラレンスとアラバマ以外は全員死にます。 このシーンの、ソファの羽毛が飛び散ってるのめちゃくちゃ良いよなぁ。

 

そして二人は金を持って逃げ、最後はメキシコかどこかで幸せな家庭を築きます。

 

要はこういうことです。

人を殺しコカインを売りさばいて金だけ持って逃走しどこか知らない土地で幸せになる。

 

僕「ロマ…ンス…?」

僕達のロマンス幻想を見事にぶち壊してくれます。 いや、むしろタランティーノ的にはこれこそがロマンスなのかもしれません。

 

逃避行ものはだいたい最後悲劇で終わる気がするんですが、最後に幸せになる感じはロマンス感あるかも。 最初の独白的には死ぬのかと思わせる感じだったのでこれはこれでいいんだと思います。

 

 

結構ドロドロな感じで得た幸せだったわけだけど、最後の幸せそうなクラレンスとアラバマ、その子供の様子を見てるとなんかこれもロマンスなんだろうって勝手に納得しちゃいます。 全てを幻想で片付けられる二次元では描けない作品だと思います。

 

僕もトゥルーロマンスを観るまではそうだったんですが、

 

無条件にイチャイチャチュッチュな展開になるアニメばかり観てて「ロマンス?とらドラ…かな…?」とか言っちゃうからやっぱり二次元脳はダメだな!

 

まぁロマンス議論はさておいてもいい映画だったなぁ。普通にもう一度観たい。

 

 - 映画