ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

【適当書評】マルコ:「ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 」

      2015/07/13


最近はセールで安く売られてるkindle本を適当に買って読むのが趣味です。

もちろん自分が興味ある本を読むこともありますが、興味ある本に限ってわざわざ高い。
amazonもっと頑張ってくれ。

今回適当に買ってしまった本はこちら。

カフェオレ・ライター(http://coffeewriter.com/index.html)を運営しているブロガー、マルコさんの本。

せっかくブログ始めたし読んでみるか!くらいの勢い。


カフェオレ・ライターといえば(僕にとっては)テニプリレビューのイメージしかないのですが、色々やっていたんですね。

 

内容はというと、

ネットが大きく変わる12年間、著者のマルコさんがのほほんとブログを続けてきた

という話。

そう、「ネットが大きく変わる12年間」自体にあまり意味はなかったのだ!
正確にはないことはないです。ネットの総括とかしてましたし。
しかし、ネットの変化が著者に与えた影響が感じられないのは僕だけでしょうか。

要はカフェオレ・ライターでテニプリという壮絶バトルマンガをレビューするときのあの雰囲気。
なんていうか、ものすごいことが目の前で起こっているのにどこか他人ごと、みたいな感じ。

この数年間のネットの変化について真剣に論じてる人がいる傍ら、12年間ネットの最前線にいたはずの著者の適当感!
「ネットの可能性」とか「人生はこうあるべき」とかそういったことを一切語らないゆるさ。

いや、僕が見落としていただけかもしれない。
もう一度読んでみよう。きっと何か12年間の活動から含蓄のある教えがあるかもしれない!
「大切なことだから2回言いました」という表現があるように、さらっと言いたいことを繰り返しているかもしれない!

繰り返していた表現

ちなみにこの「メサイア」というのが、当時の僕の名前、いわゆるハンドルネームというやつでした。

(中略)

人生、何があるのかわかりませんので、皆さんもサイトやブログを作るときはホームページの内容とハンドルネームをしっかり時間をかけて考えてくださいね!

―マルコ「ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 」(ケータイ新書)

皆さんも偽名を考えるなら、その名前を今後ずっと使うという覚悟をもって決めましょう!

―マルコ「ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 」(ケータイ新書)

こんなことなら「マルコ」ではなくて、もうちょっと公共の場で呼びやすい名前にしておけばよかったかなと思うところもあります。

(中略)

もし、これが「メサイア」のままだったら・・・・・・?

あるいは、さらに血迷って「漆黒の王」とかそういうハンドルネームにしてしまっていたら・・・・・?

―マルコ「ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 」(ケータイ新書)

一年間のBLを総括し、ランキングや著名人による書籍紹介なおdが載っている本なのですが、なんとその創刊号に「帯レビューを寄稿しませんか」という話をいただいてしまったのです。

(中略)

「まぁとりあえずやってみるか!」とわりと簡単に決意して、OKの返事を送ったのでした。

―マルコ「ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 」(ケータイ新書)

本文には「マイコミジャーナルで映画のDVDをレビューしませんか?」というお仕事の依頼内容が書かれていました。

(中略)

「なんかおもしろそうだし、やろうっと!」くらいの気軽なノリで返信していました。

―マルコ「ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 」(ケータイ新書)

つまりそれって「ガチの取材」です。

(中略)

ここでもやはり生来の脳天気さを発揮してしまい、「なんかおもしろうだし、やろうっと!」というノリで引き受けてしまいました。

―マルコ「ネット歴12年のぼくがブロガー⇒ライターになったワケ 」(ケータイ新書)

この人の12年間は、ハンドルネームの失敗と「やろうっと!」しかないのかな?

 

多分そういう風に物事を難しく考えないからこそあれだけ面白いレビューが書けるんだろうなぁってことにしよう・・・。

短いし文章も堅くないからぱっと読めます。検証のためにもう一周読むのも辛くないくらいに。

 - 書評