ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

現代電子ドラッグ【こいろ(5)】

      2016/05/22


電子ドラッグ。別名デジタルドラッグ。

飲む、吸う、注入する、などのアナログな手段を用いずに主にデータによって脳をトリップさせる危険なものである。
まず指摘される危険性は物理的限界がないことである。
つまり、一度入手すればあとは無限に摂取できる。なので脳は加速度的に溶けていく。
また金銭コストも著しく低く、無料で摂取できてしまうものも多い。

普通のドラッグとは比べ物にならない危険性を誇る電子ドラッグ。

今回は現代の新しいドラッグ、電子ドラッグについてお話ししたい。


電子ドラッグとは

2005年頃から「電波ソング」というものが流行った。
多くの若者が脳を溶かし続けた挙句、彼らの社会復帰を困難にさせたことは記憶に新しい。

参考資料

1,ふぃぎゅ@めいと

2,さくらんぼキッス

※電波ソングと名付けられた電子ドラッグは流行りに流行り、枚挙にいとまがない。

その後電波ソングは2010年頃から急激に衰退する。

参考資料:電波ソング is DEAD

http://j-th0610.jellybean.jp/?p=1122

電波ソングと同時期に現れたのが、声ドラッグである。
これは特定の周波数を持つ声の興奮作用を利用し、アニメ等を用いてドラッグを流布した。
声ドラッグの特徴としては幻覚作用を来すことにある。

参考資料

ルイズテンプレ

ルイズ!ルイズ!ルイズ!ルイズぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!ルイズルイズルイズぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!ルイズ・フランソワーズたんの桃色ブロンドの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
小説12巻のルイズたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
アニメ2期放送されて良かったねルイズたん!あぁあああああ!かわいい!ルイズたん!かわいい!あっああぁああ!
コミック2巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…小説もアニメもよく考えたら…
ル イ ズ ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!ハルケギニアぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵のルイズちゃんが僕を見てる?
表紙絵のルイズちゃんが僕を見てるぞ!ルイズちゃんが僕を見てるぞ!挿絵のルイズちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメのルイズちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはルイズちゃんがいる!!やったよケティ!!ひとりでできるもん!!!
あ、コミックのルイズちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあアン様ぁあ!!シ、シエスター!!アンリエッタぁああああああ!!!タバサァぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよルイズへ届け!!ハルゲニアのルイズへ届け!

ご覧の通り、幻覚作用と非常に強い錯覚、現実と虚構の混同に陥っている事がわかる。

このように電子ドラッグは何故か聴力より働きかけるものが多い。
また特徴としては感覚器官から直接作用するため、合わない人には嫌悪感を抱かせるほど極度に合わないことが挙げられる。
そして今回新たに発見された電子ドラッグは、その効果を聴力に頼る部分が大きいものの、映像にて効果を増すことが確認された新手の電子ドラッグである。

それこそが「こいろ(5)」である。

 

こいろ(5)とは何か?

読み方は「こいろ かっこ 5歳」と読むらしい。
つまり「5歳のこいろちゃん」という意味だ。

参考資料:こいろ(5)twitter


参照元:https://twitter.com/koiro5sai

電子ドラッグに詳しいJ氏によると、

J氏「こいろちゃんは良いですよ。仕事で行き詰った時は一発こいろちゃんキメると仕事も捗ります。」

とすでに末期の模様。

我々は「こいろ(5)」なる新手の電子ドラッグを調査した。

 

特徴

ゲーム実況と呼ばれるジャンルにて突然散布された、依存性の非常に高い電子ドラッグ。
視聴年齢層が低いと言われるこのジャンルに散布するとはもはやテロである。

散布元を追求すると

「土星から来た」
「5歳の少女である」

などと流入元、仲介人について情報隠蔽が巧妙である。

なお、最近確認された現物がこちらである。
是非ご確認頂きたい(音量注意)

 

 

ポッ拳という話題のゲームに乗っかり広く頒布しようとした形跡が認められる。

非常に強い作用のあるドラッグのため、インターネット上の冗談がわからない初心者は拒絶反応を示すことが多い。
つまり電子ドラッグ初心者には早過ぎる強烈なドラッグなのだ。

この拒絶反応は動画冒頭1分の間にほぼ明確に現れる。
ここで順応できる人間と拒絶する人間を選別するのだ。 ジャンキー界では「視聴者厳選」と呼ばれる。

また、聴いていて非常に疲れるため耐性のある人でも3分ほどで視聴を諦めるケースが多い。
しかしあまりのインパクトに視聴終了後1日以内の再接種症例も確認されている。
なおJ氏は視聴を諦めて10分以内に再接種を起こしたという。
つまり耐性のある人に対して3分以内に依存性をもたらす即効型の電子ドラッグである。

  上記ポッ拳動画に関してJ氏が言うには  

J氏「5歳とという設定なのに”置きシャドボ””反確”という余裕の設定崩壊。

20回くらい見たけど全然ハマらなかった。

  などと言ってることが意味不明で、すでに脳の溶解が確認される。  

症例

まず挙げられるのはボキャブラリーへの作用である。

例)やばやばのやば、草草の草、つよつよのつよ、かわかわのかわ等  

など、どう考えても一般的に使い道の謎の言語用法を用いる、というものが主な症例として確認されている。

また聞こえない音が聴こえる等の幻聴作用も確認されている。
以下の動画を(時間がない人は6:08から)ご確認いただきたい(音量注意)  

 

06:08から再生すればわかるとJ氏は言う。

J氏「ドゥンドゥンドゥン、ゥン゛オラァ゛ィイ゛イイ が聞こえますな?
僕はこの部分を何度もリピートして気付いたのですが、

驚くべきことに、その部分では本当は普通に喋っているんですよ。

 

誰がどう聞いても06:08時点では普通に喋っているのは明らかで、「ドゥンドゥンドゥン、ゥン゛オラァ゛ィイ゛イイ」などという謎の言語は聞こえない。
しかしJ氏は何かが聞こえているようだ。

 

拡散性

電子ドラッグの危険性として、拡散の容易さが挙げられることが多い。
しかし一方で、電子ドラッグにたどり着くまでも困難であることも挙げられる。日常の生活ではそこにたどり着かないのだ。
電波ソングはそこにたどり着くまでの困難が大きい。
特にエロゲソングに採用されているものは偶然MAD等で聴くしか手段がなく、一般人からの知名度が極めて低い

逆に声ドラッグはそこそこ簡単に入手ができるが、接種回数において劣る。
アニメはテレビを着ければ放送されているため一般人でも容易に入手できるが、それを継続的に接種するとなるとハードルが高い

しかし、このこいろ(5)は先のポッ拳を始め、
ポケモン、スマブラ、スプラトゥーン、マリオカート、ゼルダの伝説など、有名ゲームを中心に散布されている
ここらのゲームを全て知らない一般人(特に若者)は希少で、偶然興味から見てしまうという可能性が非常に高い。

しかも全体的にゲーム上手いから驚きである。

現在、97種類ものこいろ(5)型電子ドラッグが確認されている

http://www.nicovideo.jp/user/13835037/mylist

 

見た目

動画投稿が容易になったこの時代、電波ソングや声ドラッグと違い、散布元本人を確認できない事案が多くなった
こいろ(5)もその一人であったが、ここ数ヶ月の間に数回その存在が確認されている。

以下がそのキャプチャーである。

 

26日こいろ1

 

見た目からドラッグ感すごい

この生放送を見ていたJ氏曰く

J氏「この通り顔はわからないけど、脚が良かった

とのこと。
脚の話だけちゃんと日本語になっていて、こわこわのこわ

最後に

我々はこいろ(5)についての調査を進めたが確たる情報は得られなかった。

例えば年齢。
5歳と言い張る人もいれば、30代だと言い放つユーモア欠乏症人もいる。
土星年齢5歳であるという解釈、普通に若いのではないかという分析もある。

しかし我々は調査してわかったことがある。
年齢などどうでもいいではないか。こいろ(5)型電子ドラッグは一種の宗教になりかねないほどの中毒性がある。
彼ら信者はそれを快楽に生きており、年齢の真偽などどうでもいい。
年齢の真偽などという些末なことで使う余裕があるならその脳を溶かしたい。これくらいの心意気なのだろう。

むしろその存在が謎に包まれている方が電子ドラッグとしてはいいのかもしれない。
大切なのは自分がそれを楽しめるかどうか
楽しめない人は視聴しなければいい。インターネットの基本は「好きなものだけ見ればいい。嫌なものは見なければいい。」である。これを顕著に示している例だろう。

少なくとも現代においてはは「喜んで自分の脳を溶かしにいく人々がいる」ということがわかった。

最後にこいろ(5)の固定ツイートを引用しよう。

大半の固定リスナーはすでに脳みそドロドロのドロ。  

 

※5/22追記

即効性高依存の電子ドラッグことこいろ(5)が、歌ってみた動画を上げていたことが発覚(気づかなかった)。
といってもよく実況動画で歌ってるから今更なぁ…と思って聞いてみたら衝撃的な動画であったことが発覚。

下記がその歌ってみた動画である。

これ、本人の声だよね?普通に落ち着きのある優しい声で同一人物詐欺すら疑うレベル。
声の伸びとかすごく良くて普通に聴ける。申し訳ないけどその辺の歌ってみた動画よりも圧倒的に上手い。

・中毒性が高い
・ゲームが上手い
・歌も上手い
・素の声も良い

我々は究極完全体の電子ドラッグを発見してしまったのかもしれない。
この調査に対しJ氏は、

J氏「こいろ(5)ちゃんに”素の声”などない」

などと、まるで声優信者のような表明を出している。

素の声云々はさておき非常に歌が上手い(しかも曲に合ってる)ので、電子ドラッグ耐性がない人も一度聴いて欲しい。

 - 雑記