ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

【書評】IDOL AND READ

      2015/07/13


なんかノリで買ってしまった本。


内容は
プー・ルイ(BiS)
古川未鈴(でんぱ組)
増井みお(PASSPO☆)
天野なつ(LinQ)
岡本真依(ひめキュン)
仙石みなみ(アプガ)
朝倉みずほ(ベルハー)
門田茉優(nanoCUNE)
ももぴ(ゆるめるモ!)
桜のどか(アリス十番)

へのインタビュー。

生い立ちと今の活動と今後の抱負みたいなインタビュー。
正直なところプー・ルイや未鈴ちゃんはかなりインパクトのある過去があるんだから、もっと内面掘り下げるようなインタビューにしてほしかった。

大半のインタビューはキラキラ輝く青春アイドル物語。
一部の人は暗い話とかあったり、みたいな。

これを読んで思ったのは「アイドル像が存在するか」ということ。

プー・ルイなんかは既存のアイドル像を壊しながら活動してきた「アイドル」。
では何がアイドルを決めるのか。

やっぱりアイドル像は存在すると思います。
歌って踊って可愛くて観客に笑顔で対応も良くて、ついでに処女性があると良い、みたいな。

アイドル像に入っていくアイドルと、世間に存在するアイドル像を意識することなく自分の道を進んでいたらアイドルになっていた人間。
既存のアイドル像は存在しつつもアイドルの必要条件ではなくなっている。

インタビューを読んでそんなことを思いました
僕は自分の道を進んでいる人の方が面白いので好きです。

 

本書で一番気に入ったフレーズはプー・ルイより

私「オタク、キモイ」とか言うじゃないですか。

(中略)

本当に私はみんなのことを気持ち悪いと思ってて!

いや、これはけなしてるんじゃなくて、気持ち悪くなってからが真のオタクなんだよ。まだスカしてるうちはファッション。だから私に「気持ち悪い」って言われてるきみたちはすごいんだよ。私は人のためにそんなふうになれないので。

プー・ルイ

 

そう、僕たちは推しのためならば自分の評価なんて・・・自分がどう思われてるかなんて・・・「気持ち悪い」は勲章なんだ・・・

 - 書評