ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

noteは地下アイドルのセルフプロデュースの手段になりうるか?

      2015/07/13


最近noteというサービスが話題になっています。

note:https://note.mu/


noteとは

僕の言葉で簡単にまとめると、有料設定が自分でできるSNS。

Twitterみたいなつぶやきから画像、音楽、文章、動画の投稿もできます。
そしてnoteの一番の特徴としてはそれらの投稿を有料で投稿できること。

音楽だったらこんな感じ。

スクリーンショット 2014-04-11 17.31.36

最初の30秒を聴いて、購入したら多分全部聴ける。そんな感じなんだと思います(買ってないからわからない)

 

noteがセルフプロデュースになるか?

noteについてはいろんな人が記事を書いています。

「売れない地下アイドルが「note」を始めたほうがいい理由」:http://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/entry/2014/04/10/160101あざなえるなわのごとしさんより

様々なメディアを自身で売ることができるnote。
しかしこの記事でも指摘されている通り、「○○さんのだから」ということが付加価値でしかない」という雰囲気は感じますね。

これはまだnoteがそれほど浸透していないからという気もします。
これからnoteが広く浸透すればもう少し「文化祭的雰囲気」も緩和されるのかもしれません。

さて、僕はこのブログで度々「アイドルは自分で自分を売らなければならない」みたいなことを言っています。

前述の記事では「TWITTERでチヤホヤされてるけど伸び悩んでる地下アイドルの娘は他より早くnoteを始めて早く囲い込んじゃうべきだと思う」と言っています。
これが本当ならnoteはアイドルのセルフプロデュースに大きく貢献するサービスになるでしょう。

ただしこれには2つ問題がある気がします。

「一体何を売るのか」

文章、画像、音楽、動画、基本的にはこの4種類のメディアに値段をつけることができます。
これらを用いた企画という形であれば方法はもっと増えるでしょう。

ではアイドルは一体何を売るのか。

やっぱり自撮り写真でしょうか。
僕は写真にこだわらない人間なのであまり客観的な意見はできませんが、ここで写真を売ってたところで誰が買うんでしょう?
僕にとってアイドルの写真って補完的なものでしかなくて、握手券とかついて初めて買うレベルです。

確かにB.L.Tのアイスト本を何冊も買った経験はありますが!

ただB.L.Tは本当に生写真で、noteで売る写真はデータ。
何か微妙な気分になるのは僕だけでしょうか?
「データを買うこと」に対する違和感って突き詰めればソシャゲの課金に繋がるわけじゃないですか。

確かに僕はソシャゲで廃課金してた時期があったわけですが!

ここまでの流れだと、僕が「写真のデータなんていらないよwwwww」と言っても一切説得力がないのでこの話はやめましょう。

 

次に考えられるのは音楽です。
例えば新曲の1番だけ100円で、みたいな。
僕はCDを売ること自体バカバカしいと思っているので、300円くらいで新曲出してくれるなら買います。

バカバカしいって言いながら今机の上では大量のCD予約券が出番を待っているわけですが!

ただこれは作曲者もいるでしょうし、なかなか簡単にできない。
そもそもそんなに頻繁に音楽を上げることって普通のアイドルではまず不可能でしょう。

 

では動画でしょうか。確かに動画とアイドルはすごく親和性が高い。
アメスタに1時間3000円払うくらいなら、アイドルユニットが自分たちで企画して1時間位の動画を撮って、それを500円くらいで売ってくれるなら需要はあるような気がします。
逆にここまでやっても1時間1000円いくと迷いますが。
やり方次第ではこれはアリかも?

 

さて、最後に文章となるわけですが、アイドルと文章って本当に親和性低い。
ネット、SNSの発展によって有史以来人類が最も書き言葉で交流する時代(宇野常寛談)ですが、アイドルって基本的にはオーラルコミュニケーションじゃないですか。
痛々しい個性的なアイドルが妄想小説みたいなの書くのはなかなか面白いかもしれないですが、それいくらで売れるんだろ。
しかもそんな妄想小説って無料で見れるブログでやったほうが拡散できて効果的な気がする。
やっぱり文章も微妙?

 

「地下アイドルがやったところで資金源になるのか」

例えばゆやたん(佐藤友哉)もnoteをやってて有料コンテンツが100円だったわけですが、ゆやたんのコンテンツすら100円という相場。
仮に地下アイドルが何かしらのコンテンツを100円で売るとします。

で、前述のブログでの想定は「(Twitterでちやほやされてるけど)売れないアイドル」。
Twitterでちやほやされてるけど売れないってことはつまり、無銭だったら絡むけど金払う気はないってことじゃないですか。
一体何人が買うんでしょうね・・・。

自撮り写真なんてTwitterやブログに上げてくれればいいものを、わざわざ出し惜しみ形式にして評価を若干落として100円で買う人がいるでしょうか?
多分数十円レベルが「売れない地下アイドル」の相場だと思います。
それを数人、数十人が買ったところでせいぜい数百円。
noteは昼食代募金ツールくらいにはなるかもしれませんね・・・。

有名になれば数百、数千人が買うでしょうが、多分そんなレベルになったらわざわざnoteで画像の出し惜しみ商売をする必要がありませんよね。
ヌード写真出すなら効果はありそうですけど、金のために脱いじゃうアイドルは風俗方面行ったほうが幸せだと思うの。

音楽を数百円で売るのはどうか。
あのへんの利益とか作曲者への支払いとかに関して全然詳しくないのですが、買い手としてはそっちの方が嬉しいです。同じCD何枚も買うのは病気ですし。
しかし利益としては1人一回300円で新曲買わせるよりも1人100枚1000円のCDを買わせた方が、新規の流入のハードルを考慮しても利益ありそう。

ただ、今回は「売れない地下アイドル」。
音源もなかなか人からもらえないでしょうし、CDに1000円かけるのはなぁ…って思うようなアイドルなわけです。
iTunesStoreよりも安く売るならば、新規ヲタ流入のハードルを下げるという意味で効果はあるかもしれませんね。

動画はよさそう。
そこで面白い番組みたいなのを安く売り続ければ囲い込みできそうですし。
ただしその企画力を持つ人を味方につけないといけませんね。あと継続。
あとは「MVアナザーバージョン!」みたいなのもいいのかな?

文章はまぁ無理でしょう。
アイドルに文章期待してる人ってほとんどいないでしょうし。

どのコンテンツにしても大した資金源にはならないんじゃないかなぁ?
資金が欲しいならクラウドファンディングで大規模に集める方が効果的な気がする。

noteとTumblr

Tumblr:http://www.tumblr.com

noteの特徴としては文章、写真だけでなく音声や動画も投稿できることです。

ってそれはTumblrでも変わらないのでは?
Tumblrも似たようなSNSで、カスタマイズ性がすごい(小並感)
アイドルだとでんぱ組.incのねむきゅんがやってますね。
あと、何故かゆっふぃー(寺嶋由芙)のマネージャーがすごく頑張ってます。

SNSとしてならTumblrの方が優秀。
有料コンテンツがあると投稿一つ一つの価値が重くなる。Facebook以上にnoteの投稿は重くなるんじゃないでしょうか。
Twitterみたいに「むくり」とかそういった投稿は無理でしょうね。TL荒らしどころかなんか営業妨害してる気分になりますもん。
Tumblrも基本的に日記なのでそんな単発投稿はないでしょうが、Tumblrは精神的に軽いですね。
noteが浸透したら「野生のプロたちによるコンテンツ市場(いちば)」になるわけじゃないですか。そこに文化祭企画レベルの投稿並べるのは心苦しい。

noteの利点としては日本産のサービスってところです。
Tumblrは日本人を探すことすら大変。その点noteは日本語が飛び交っているのですごく安心感覚えます。

当然ですが最も大きな違いは有料コンテンツの存在です。
マネタイズに興味ある人にはnoteはやりがいのあるサービスかもしれませんね。
というかアイドルもマネタイズが大きく関わるところだと思いますが。

つまり話題性のためにコンテンツを投稿するならTumblrの方が良いと僕は思います。

何かしらの理由でマネタイズしようと思うならnoteの方がいいでしょうが、そんなに効果あるのかなぁ?

 

総括

総括すると、noteを「ストレートに使っても」地下アイドルには大した効果はなさそう。
しかし使い方次第では化けるかも?

noteには「スキ」という、Twitterでいうふぁぼみたいな機能があります。
「RTの数だけ◯◯します」的なTwitter感あるネタをnoteは「スキの数だけ」に置き換えてnote上で完結させることができます。
これはTumblrでもそうですが、要は一つのサービスで文章から動画までをカバーしてるからこそ、ですね。

例えば「スキの数だけガリガリ君ナポリタン味を食べます」って投稿して100くらいスキがついてしまったらその動画を100円くらいで売るとか。
そこまで体張った動画を無料で公開するのは惜しい。どうせならガリガリ君代くらい回収したい。

そうなると「アイドルが100本ガリガリ君食べてるなら数百円くらいいれてあげよう」って気分にはなるかも。
僕は払っちゃいますね。実際にあの手のRT稼ぎpostを実行してるの見たことないですし。しかもそれがアイドルなら面白い。

やっぱり自分たちで自主制作番組やラジオを安い値段で配信するのが一番効果的?セルフプロデュースって簡単ではないということですね。

有料コンテンツ可というnoteの特性は資金源というよりも、コンテンツを制作してその制作費を後払いでちょっと賄ってもらおうくらいの気持ちのほうがいいと思います。
後払いとは言え、お金が返ってくる見込みが少々あるのならコンテンツの制作にお金をかける躊躇いも緩和されるでしょうし。

 - アイドル語り