ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

古参になろう!と見せかけてベルハー

      2015/07/13


古参。
それはどの現場にも存在する。
あなたが最古参でない限り必ず存在する。
アイドルユニットが誕生してから通っているヲタはブレイク前から通っているヲタよりも古参で、それらの人たちはきっとあなたよりも古参なのである。
そのように単純な期間で古参は測れ、そしてほぼ必ず古参は存在する。
宇宙に誕生があり、地球よりも太陽の方が年齢が高く、さらに太陽よりも年齢の高い星が存在するように。

古参の影響力は強い。
ヲタが少ない時代からそのユニットを支え続けた人間たち。
もはや賞賛の対象ですらある。
あなたがどれだけAKBが好きだろうとももクロが好きだろうと、それらが売れてなかったらあなたが知る機会はあっただろうか?
売れるアイドルの影には必ず古参の功績が存在する。
それは数字にも残らないし語られもしない。しかし確かに存在する。
古参なくばブレイクは存在しないのだ。No 古参 No ブレイクである。

 

古参とは (コサンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科:http://dic.nicovideo.jp/a/%E5%8F%A4%E5%8F%82

そんなわけで古参について書こうかと思ったのですが、古参になったことがないからよくわからないんですよね。
古参ってやたら偉そうな顔する人多いし恐れ多くて古参には近寄れないんですよね。

でも僕達が古参になることはできます。
最古参は難しいですね。全力で発掘するしかありません。
しかしある程度の古参にはなれます。


古参になると何がいいの?

思うに、「古参であること」には何の価値もありません。
とちらかというと、「ヲタが少ない時に支えていたこと」に価値があるのです。
しかし僕は正義感とか自己犠牲とか、そういった高潔な発言をしているのではありません。

例えば現場にヲタが少ない時、古参は確実に覚えられています。
その時は古参とは言えないかもしれません。しかしこれが後々大きな効果を生みます。

古参は単純に現場に通ってる期間が長いので時間の量的にアイドルの記憶に残る、とも考えられます。
しかしそれだけとは言えないでしょう。

売れていない地下アイドルにとって客の入りは不安要素だと思います。
その時「いつもいるあの人」がいるかどうか。これは結構気になるはずです。
いなければまた1人ヲタが減ったという悲壮感、いたら今日もいてくれてるという安心感。
つまり自分一人に対する意識が強いわけです。

おまいつwwwwwwwww(お前いつもいるな、の略)とか笑われますが、売れない時代なら少なくとも来てくれることは嬉しいことでしょう。
それだけ強い印象を残す古参(ここまでくるともはや最古参レベルですが)。
そうなるとどうなるでしょうか?
僕はいつも思うんです。

アイドルがアイドルをやめても思い出は残る。
特にアイドルという非日常的な存在であった記憶なら尚更。
その時思い出されるヲタクはきっとイケメンと、面白い人と、好きだった人と、古参だと思うんですね。
そしてその元アイドルは生きてるうちにきっと何度かその時期を思い出す。
その時に古参のことをふっと思い出す。「そう言えばずっと通ってくれた人いたなぁ」って。

 

そう、アイドルの記憶の中で一生古参は生き続ける。

 

イケメン、面白い、好きというのは人間性や外見の条件があります。
しかし古参は違う。誰でもなれる。
そして認知(アイドルに覚えてもらうこと)なんて足元にも及ばないような存在になる。
別にそんなことがしたくて古参はヲタクしてるわけではないと思います。
でもそんな存在になれるなら嬉しいじゃないですか。

 

自然な流れでベルハーを紹介する記事を書こうと思ったんですが、ベルハーはすでにこのレベルのユニットではないですね。

あー、なんで2012年の蘇我からベルハー通わなかったんだろ。

古参になろう

記憶の中で一生生き続ける、みたいな気持ち悪い考えは一回捨ておきましょう。

大きなアイドルユニットもいいですが、ユニットが成長していくのを見るのも楽しみ方の一つだと思います。
しかし、パワプロのサクセスやゲームのアイマスと違って地下アイドルには成功の攻略法が存在しません。
つまり最古参になるのは非常に高リスク。追っかけてるユニットが解散って多分これからざらになると思いますし。

なので、ある程度勢いがありながら知名度の低いアイドルユニットを狙うのも良いでしょう。
有望株を買う感じですね。そして後出しで乗っかったくせにブレイク後「(アイドル名)も売れたなぁ」とか言ってドヤるのもいいでしょう。
そんなことよりも自分にしっくりくる現場を探すのが一番良いですが。

というわけで、そこそこの古参名乗れてかつそこそこ勢いがあっておすすめの現場を紹介したいと思います。
もう一度言いますが、一番いいのは自分で自分が楽しめる現場を見つけることですが。

これで自然な流れでベルハー紹介できるかな?

 

BELLRING少女ハート(ベルハー)

もうぶっちゃけベルハーだけ紹介できればこの記事は成仏できるんですけどね。

「60’sレトロからブチ上げロックまで変幻自在なアイドルユニット」と銘打ってるだけあって本当に曲の幅は広い。
でもすごいのはそんなことじゃないんですよ。

131203_brgh_asya_7g_main_l

見てください。この衣装。
黒いセーラー服っぽい衣装に、カラスの羽をモチーフにしたようなよくわからないものを付け、足には上履き。

どう考えたってかっこよくもないし可愛くもない。

ダサいかどうかは人次第だと思いますが、とりあえず意味が分からない。
確かにダークなイメージはありますが、意味が分からない。少なくとも羽の意味がわからない。

しかし上履きやセーラー服によってどこか幼い印象すらある彼女たちの歌は強烈です。

全然上手くない。

最初にリリースされたthe Edge of Goodbye(多分もう売ってない)聴いた時、前奏はめっちゃかっこいい。と言うかベルハーは曲がカッコイイ。

そして前奏ですごく高まったのち、歌い出しでズコーってなりました。
アルバムとかではかなり改善されてましたが初期は本当にズコーです。
ついでにダンスも上手いとは言えません。

 

衣装の意味が分からなくて幼さもあって(幼いとは言っていない)別に歌も上手くないベルハーちゃんたちが、サイケからプログレから様々な歌を好きに歌い、時には激しく、時には可愛らしくステージで踊る。そして独特のキャラクターと狙わないトーク。
その光景はまさに非日常。
ハイレベルなパフォーマンスでなく、しかしそのギャップが僕達を非日常へ誘う。こんな体験ができるのは間違いなくベルハーだけ。
ハイコンテクストかどうかはどうでもいいんです。
確証を持って言えるのは、アイドル数多しと言えどベルハーの上位互換も劣化版もアイドル界に存在しないことです。
曲にも活動にも定まった決まりがない、アイドルというジャンルだからこそ完成した奇跡のユニットです。
唯一にして代替の存在しないアイドルユニットと言えるでしょう。

 

とりあえず現場行くぞと言いたいところですが、動画を観てみましょう。

最近は部屋で作業する時はずっとこの動画流してます。

ライブ動画だけでは伝わらないかもしれませんが、僕にできるのはこれくらいしか・・・。
動画を見てわかると思いますが、良い現場には良いヲタが集まりますね。

 

さて、地下アイドルを推してると悲しみとしていつも存在するのは

「なんてアイドル推してるの?」

「(アイドル名)」

「なにそれ?」

この一連の会話。
「48系とももクロしか知らないなら聞くなよ!」って思いますが、日陰の住人はこの悲しみを永遠に抱えていくのでしょう。

 

しかしベルハーは違います。

皆さんは「乗るしかない、このビッグウェーブに」という言葉を知っていますでしょうか?

fa8901634e113a193115094620087abb

ネットに詳しい方なら知っていると思います。

この方、通称BUTCHさんというんですが、ベルハーのMCに出てきます。
というか普通に公式HP(http://crimpri.com/)に載っています。
そう、多分ベルハー関係者で一番有名なのは彼。なにせ全国電波という名のビッグウェーブに乗ってるわけですからね(上手いことを言ったつもり)。

 

つまりこういうことになります。

「なんてアイドル推してるの?」

「BELLRING少女ハートっていうアイドルユニット」

「なにそれ?」

「お前ビッグウェーブに乗れてねぇなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

 

あなたの勝ちです。

 

お詫び

本当はもっとアイドル紹介とかしたかったのですが、どうでもいい前置きが長くなってしまったのでベルハーだけにします。

ベルハーにパフォーマンスとか、普通のアイドルにあるようなものを求めてはいけません。
(かと言って下手なままでいて良いとは思いませんが。)
というか歌や踊りが下手でもアイドルになれることは周知の事実じゃないですか。
多分ベルハーがこの曲に合わせて超絶上手いダンスと歌を披露してたら全く別の現場になっていたと思うんです。

変幻自在でハイセンスな曲とそれに合わないパフォーマンス。意味の分からないダークな衣装。愛らしいキャラクターたち。創造力溢れるヲタクたち。

IDOL AND READでみずほが「ベルハーって呼ばれるならいいけど、アイドルって呼ばれるのがすっごく嫌だ」って語ってたのを何となく思い出します。
その考えが実ったのかは知りませんが、確かにベルハーはアイドルではないのかもしれない。
一般的にアイドルに求められる要素が欠けている。
しかし、だからこそかもしれませんが、アイドルというジャンルを利用しなければ生まれなかった存在でもあります。
歌やダンスが下手なのにCDをリリースできるのはアイドル系のジャンルだけでしょう。名前に歌がくっつけば下手でも売れる時代ですからね。
ただベルハーの場合は、名前に歌とダンスがくっついただけではない。
上手くない歌とダンスすらもベルハーの世界観を構成している。
アイドルじゃなかったら何なのかって聞かれたら、やっぱりあの空間や時間は「ベルハー」としか言い様がない。

とりあえずここで僕がなんだかんだ言ってもベルハーの魅力は伝わらないから現場行きましょう。
アイドルブームの特異点・BELLRING少女ハートを知らずにこの時代を生きるのは一つの損失です。
乗るしかない、このビッグウェーブに。

 

直近のビッグウェーブたち

4/25
BiSなりの甲子園:http://idolkoushien.com/special/20140425/

どう考えても死ぬイベント。特異点の集まりみたいなイベント。

4/27
月イチ定期主催「からふりゅ Vol.10」

ベルハーの良さはベルハー主催のライブが一番わかるはず。鹿鳴館っていうのがいかしてますね。

4/29
TOKYO アイドルパークin日比谷

以前ブログで紹介したイベント(http://j-th0610.jellybean.jp/?p=321)。
バイトで行けないの悔しすぎる。

GWはかなりベルハーちゃんのイベントあるからかなりおすすめ。

 - アイドル語り, ドルヲタになろう