ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

他界(ヲタクやめるとは言っていない)

      2015/07/13


【他界】(名詞):現在通っている現場に行かなくなること。通常の意味とは違って大して誰も悲しまないところがミソ。

 

現場でいう“他界”とは、文字通りにいなくなること。今まで捧げた時間もお金もすべて投げ捨てて消えてしまうのだ。想像を絶するような決断である。 

他界について、地下アイドルヲタの現場観察より

 

病んだ!他界するわ!

他界について、他界しないヲタクのテンプレ

他界について、@TSWsister_botより

アイドルヲタクは常に他界という運命と戦っているのです。
一度他界という運命に敗れたら最後。今まで浪費惜しまず投資してきた金も時間も全てが無駄になります。

現代の儚い戦士たち、ドルヲタはどんな悲劇の前に他界を余儀なくされてしまうのか、そのパターンについて検証してみましょう。


干される

「いつも優しかったあの子が最近冷たい。もうダメだ。」

ヲタク他界あるあるだと思います。
その子のために現場通ってる人ならなおさら。
亜種としては、推してた子が卒業するから他界なんていうのもありますね。

まぁこの手のヲタクは大丈夫です。別現場に移住して楽しめるでしょうから。

 

飽きる

「なんで俺は毎週毎週狂ったように「チャペ」だの「アペ」だのわけわからん言葉を叫んでるんだろ…?」

むしろなんで最初に気付けなかったのかとツッコミ入れたくなりますね。

飽きるのはアイドル現場に存在する問題だと思います。
アイドル現場の内容って更新されないんですよ。規模の小さいアイドルならなおさら。10回も現場通ったらだいたいの曲は聴くことになると思います。
そしたらあとはセットリストの順序の違い。

アニメと違って毎週新しい内容が追加されることってないんですよ。
だからこそ握手会とかで関係性を発展させるというゲーム要素が大切になりますね。同じ握手は存在しないのですから。

しかし前述のように、握手会そのものが他界の原因になることもあるからヲタクって面倒ですね。

ただ、このパターンのヲタクもだいたい別現場に移住して楽しんでるので大丈夫です。
ヲタクという呪いはそう簡単には解けないのです。

 

環境の変化による他界

「○○売れた!他界!」

売れたら美味しくない。握手の時間もシビアになるし構ってくれなくなるし、本当に美味しくない。地下に潜ろう。

わかります、その気持ち。

まぁ地下時代から支え続けてそのアイドルがたくさんの支えを得られるほど成長したならそれは幸せなことなんじゃないですかね。
父親的な気持ちに近いのではないでしょうか。

あとは老害古参が「昔の○○現場はよかった」みたいなことをほざいて言い始めて他界するパターンも環境の変化でしょうね。
共通するのは新しいヲタクの流入によって環境が変わってしまうことです。
そしてこのパターンで他界した人にヲタクやめられたパターンがあまりないことです。

 

ポジティブ他界

「ベルハー楽しすぎる。ポジティブ他界待ったなしだわ!」

ポジティブ他界について、僕の発言より

別に干されたわけでも今の現場に飽きたわけでもない。
それ以上に魅力的なアイドルや現場を見つけてしまっただけ。
他界は必ずネガティブかというとそうでもないというパターン。

そしてこのパターンでもやっぱりヲタクやめてない。
他界とは「別現場への移住」という意味なのかもしれないですね。

 

別のコンテンツにはまる

「は?5回分の握手で魔導石80個買えるの?ソシャゲのコスパ最強じゃん!!」

別のコンテンツにはまるパターンについて、僕の発言より

晴れてヲタクやめることができました!やったね!
でもSE○Aの養分なんだね!結局どっちの養分してても物は残らないんだね!

 

ぼ、ぼくは思い出を買っているんだ・・・

 

忙しくなる

引越しや転勤で地理的に現場来れなくなるパターン。
今までの他界が意図的なもの、自殺的他界だとするならばこれは事故による他界。
もしもヲタクの他界を悲しむアイドルがいるならば、正直このパターンだけ悲しんであげればいいと思うんですよ。

ただこのパターンって他界の前に「ヲタクしたいけど」がついてるんですよね。
こういう人たちって隙あらば遠征してきますし、本質的には他界とは言わないのではないと思えてきました。

 

他界はパフォーマンス

他界(辞書上の意味では死)を繰り返しては別の場所で新しく蘇るから、ドルヲタって不死鳥に近い生態に見えるかもしれません。

でもキリストのように奇跡として扱われることもない。
すでにヲタクにとって他界はパフォーマンスなのです。

アイドル戦国時代だとか言われてますが、歴史上これだけのアイドルユニットが同時に成立している時代は存在しないのです。
逆に言えば他界するのに最も適した時代だとも言えます。

何故他界しやすいのか。
他界したところでアイドル現場の基本的な楽しみ方は変わりません。
認知やら楽曲やらヲタが微妙に違うだけで、言わばマイナーチェンジのようなものです。
特別新しいことを覚える必要もなく、手軽に何となく新しい楽しさを享受できる。
他界は大して重大なことではないのです。

そもそも他界の定義「現場からいなくなること」って、なんとなくヲタクそのものをやめるような意味も含んでいるように見えますが、そんなことはありません。
ヲタクそのものをやめる時には他界とはあまり言わない。引退だのヲタ卒だのそういった表現の方を耳にします。
つまり他界とは、(ドルヲタ自体は続けることを前提に)現場からいなくなること、だと受け取って差し支えないと言えます。

ここまでの話を踏まえて他界をわかりやすく再定義しましょう。

 

【他界】(名詞)今まで金や時間を捧げた現場を離れ、新たな現場へ金や時間を捧げに行くこと。

 

ヲタクって本当に救いようがねぇな!

 

ヲタクは呪い。時間と金を失う呪い。他界程度では解呪できない強い呪い。
だからヲタクはいつも思っているんです、「ヲタクやめたい」って。

あと、推しに「他界するわ!」とかいうつまらん冗談を言って気を引こうとするのはドン引き。

 - アイドルヲタクの生態