ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

あるある甲子園問題について

      2015/07/13


最近めっきりソシャゲ廃人と化してる僕ですが、昨日TLに香ばしいアイドルネタがあったので今更便乗。

あるある甲子園:http://aruaru-koushien.com/

あるある甲子園はよしもとクリエイティブエージェンシーが企画するイベント。
要は日の目を見ることができないアイドルのためのイベント。

ラインナップみてもギリギリ文字列だけ見たことあるようなないような、ってアイドルばっか。
こんなこと(ローカルアイドルブームは終わるのか:http://ppropane.tumblr.com/post/84862359066)言われちゃう状態だからこそ、下から盛り上げていこうってイベント。
「下から」と言っても、相当下の方からアイドルブームを盛り上げようとしているわけですね。

表向きには、です。


問題はこのあるある甲子園出演の約款。

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=Ia8anw4gx0sJ&p=20140507agreement.pdf&u=https://aruaru-ec.com/imgs/aruaru-koushien/20140507agreement.pdf#search=’20140507agreement.pdf

甲だの乙だの丙だのめんどくさいですが、要は

1、事務所はあるある甲子園運営の言うことを聞いてくださいね。
・選抜やら勝ち抜きやら、運営の決定に関して文句は言わないでください。
・あるある甲子園の企画には最大限協力してください。
・所属アイドルにも協力させる努力義務は事務所にあります。

2、権利云々。
・事務所の持つ著作権やらパブリシティ権をあるある甲子園運営が勝手に利用・販売することを認めてもらいます。
・それらの権利利用に関して、あるある甲子園運営だけでなく運営が認めた人にもそれらの権利を認めてもらいます。
・あるある甲子園内の動画や音声を使用する権利は事務所にはありません。

3、その他
・物販はテラ銭(場所代)として売り上げの25%もらいます。
・イベントのチケットノルマは事務所側が1イベントにつき30枚。
・イベント中に生じた権利はイベント後も続きます。
・事務所あるいはアイドルがあるある甲子園に損害を与えた場合は事務所に損害賠償を請求します。

多分こんな感じ。
問題となった点は大体書き出してると思います。
特徴としては、あるある甲子園側には権利に関する規定が多く、事務所側には義務の規定が多いことだと思います。
(もしかしたらこの手の約款では当然なのかもしれませんが)

で、ネット上で問題になったのは

①テラ銭高すぎだろ
②ノルマ30枚は苛酷
③選抜ユニット結成→イベント後も権利関係が続くってことはめぼしい子を使えるってことだよね。

の3点。
僕が見た感じでは3点。
書きなおすのめんどくさいので、③から考えていきましょう。

③は闇を感じますね。
YGAの維持が不可能だったよしもととしては、アイドルの維持は事務所にもたせて自分たちはその利用だけをしようっていう魂胆があるようにも見えます。
あくまで「そうともとれる」っていうレベル。
前述しましたが、僕にはこの手の約款が取り扱われる世界を知らないので何とも言えないだけです。
ただ、著作権の保護規定として書かれたとしても上手く利用できそうな文章なのは否めないですね。
わざとだったらまだわかりますが、これで著作権の保護規定だけを言うつもりだったら約款に問題ありな気がする。

 

②はよくわからない。
チケット30枚のノルマってそんな異様か?って思う。
要は手渡しでもなんでも良いから30枚捌けばいいんでしょ?売れないバンドのノルマの方が大変な気がするんだけど。

もしも30枚のチケットを捌くのすら厳しいのであれば、①に関して別の問題が出てきます。

ユニットにもよりますが、僕はこのメンツがチケットを30枚捌くことは難しいと考えます。
30人のヲタがついているのかも怪しいメンツで、しかもイベントが被ったらって考えたらまぁ毎回チケット赤字じゃないですかね。

かと言ってこのチケットノルマがおかしいとは思いません。
どう考えたって大量の集客が見込めないイベントなんですからチケットノルマがあって当然。
ノルマ達成という意味では苛酷かもしれませんが、達成できないから苛酷っていう言い方は違うと思います。

だってこのノルマを課さない、つまり運営が自分の責任でチケットを売るとしたらもっと困りますよ。
僕がその状態で運営やらされたら集客が見込めるアイドルユニット呼びますもん。

仮にSSAでアイドル対バンするとして、一番簡単に席埋めるのはAKBやももクロ呼ぶことじゃないですか。
そういう趣旨のイベントではないんだからチケットノルマは課して当然でしょう。

で、30枚が多いか少ないかですが、努力次第で届きそうな感じがあるしそこまで悪くないんじゃないかと個人的には思います。

 

で、最後にテラ銭25%が高いって話。

こんな話を紹介されました。

要はこう言いたいわけです。
横丁のテラ銭は5%だからあるある甲子園の25%は高い!

別に25%が安いとは思いません。
ただ25%が高いにしても、テラ銭の基準が横丁の5%っていうのが間違ってると思うんですよ。

前述しましたがこれらのユニットはチケットノルマ30枚も達成できないユニットなんです。
そんなユニットの物販の売り上げなんてたかが知れてるでしょう。テラ銭25%で5000円行かない可能性だってあると思います。
で、横丁は5%でも5000円のテラ銭取れるレベルのユニット出てるでしょう。50人が2000円分買うユニットだってあるんじゃないですか。詳しくは知りません、予想です。

そういう差を考慮せずに25%って数字だけを叩いてるのってどうかなぁって。

そもそも25%が高いとして、だからなんだという話。
10%なら良いの?そういう話なの?
全く建設的じゃない。ただ叩きたいだけじゃん。

 

せめてこの問題を考えるなら、(テラ銭25%が高いとして)どうしてよしもとはこの法外なテラ銭をふっかけようと思ったのか、でしょう。

つまりその背景には零細アイドル事務所の立場の弱さや最初に紹介したロコドルブームの終了?とかそういう問題が含まれているはずです。
そこも考えず脊髄反射的に「25%高すぎだろ、あるある甲子園クソ」とか言ってる人は何がしたいのか謎。

ちなみに僕はこの約款に全面賛成してるわけではないですよ。
この約款が異常なのかどうかはよくわからない。ヲタクしてたら知らない世界なわけですし。
それなのにやたら多くのヲタクが数字だけを叩いてるの見て違和感を覚えただけです。

 

この記事、肝心なところは「知りませんが」って言葉で逃げてるのにお気づきだと思います。

総合して僕が思ったのは、アイドル業界の裏側なんて知らないほうが良いってことです。
確かに何かしら問題のある約款ではあるでしょう。約款を理由に出演辞退したユニットもあるので(具体的な箇所は示していない)。
ただその根拠について知らないのは事実。
僕たちはステージや特典会で輝くアイドルが好きでヲタクしてるわけじゃないですか。アイドルの楽屋や私生活に理想を交えていてもそこを知ろうとは思わない。
で、知ろうと思わないと同時に知らない。見えない。
何故ならそこを知らせない、見せないこともエンタメ業界の仕事だから。

別に知らないことを正当化しようとしているわけではありません。

今回の最大の問題点は、約款の内容よりもそのいざこざが外部に漏れたこと。
この件を知らなかったら純粋に楽しめた人もいるはずですよね。
だから約款を理由に辞退したことを公にしたユニットの事務所もそういう意味では職務怠慢と言えるのではないでしょうか。

 - アイドル語り