ヲタクやめたい.com

グローバルもいいけど、ちゃんと探せば日本もまだまだ面白いと思うよ

君はBiSを見ずにこの時代を生きるのかい?

      2015/07/13


世間を騒がせに騒がせたアイドルユニットBiSの解散が決まりました。 決まったのも解散ライブも決まったのはかなり前ですが。

main-title

アイドルと言えばAKBやらももクロだって気持ちはよくわかります。 しかしBiSなしに今のアイドルシーンを語れないでしょう。

正直BiS知らずにアイドル云々言ってる人はアイドルヲタクではないです。個別のユニットのファンです。それくらいのレベルです。


BiSとは?

新生アイドル研究会(Brandnew idol Society)というユニット。

詳しくは公式を(http://www.brandnewidolsociety.org/about/

はっきり言ってそこまで可愛いわけでもなし、踊りも歌もうまくない彼女たちが何故今のアイドルを語るに欠かせない存在なのでしょうか?

もちろん作曲の松隈ケンタさんの曲がかっこいいのもあります。 それは彼女たちがAKBとかによって作られたアイドル像に対するカウンターアイドルだからです。

今のアイドルにとって、「AKBによって爆発的に広まった特典券商法を用いつつも」「いかにAKBという巨大な存在に対してどう売るか」というのは大きな命題です。

前者はハロプロ等の老舗事務所にも影響を与えました。 そして後者によって世間はコンセプトアイドルか極小規模AKBばっか。別に悪いとは思いませんが。

そしてBiSが行ったのはアイドル像の破壊です。これが彼女たちなりの「新生アイドル」の結論です。

 

BiSが壊したアイドル像

 

まずBiSが事件を起こしたのはMy lxxxという曲のPV。

全裸で森を走り回るという頭のネジが何本か足りないPVです。

 

なんだかんだいったって 気にしてるんだ

「壊れた価値観捨てて」

だれだってそうじゃん

よくみりゃそうさ 放り投げられそうもない

BiS「My lxxx」より

 

いや、服から何から何まで余裕で放り投げてるね?

このへんであまりにも過激すぎたのでメンバー間で方向性について対立したり脱退したりと、ユニット内ですら問題になるほど。

全裸PVは関係ありませんが、BiSを脱退した初期メンバーりなはむはその後アキシブprojectというアイドル企画を立ち上げ、自身もそこで活動するアイドルになります。 そしてBiSとは全く無関係にアキシブprojectも事件を起こしてしまうのですがそれはまた別の話。

そしてもう一人、BiSのリーダーであるプールイと絶望的に対立して脱退したテラシマユフことゆっふぃーもソロで活動しています。

真の「方向性の違い」っていうのはちゃんとした活動につながるんですね。

服というアイドル最後のベールを脱いでしまった彼女たちはもう全裸なんて余裕。DiEという曲ではハメ撮り風MV。

DiEはカップリング曲「MURA-MURA」も割と頭おかしいMV

次に彼女たちは握手会というブームに目をつけます。

具体的には「手だけじゃなくても全身でいいじゃん」とハグ会を実施。

アイドル過激商法…BiS”胸ハグ会”を体験密着(http://geinolabo.ldblog.jp/archives/4649570.html

アイドルが客席にダイブしてきて「うひょwwwwwww脚触っちゃったwwwwwwwww」とか言ってるのはもう古いってことですね。

その後もリーダーのプールイが謎に100kmマラソンをしたり、何故かそれにつきあったメンバーの方が古傷が開いて脱退したり、過酷なツアー行ったり、

あとはJKがメンバーに加入しましたね。

そう!JKの加入はかなり話題になりましたね。 だってJKの全裸が見れるかもしれないんですよ!?これで高まらないやつは終わってるでしょう!?

話題のJK加入画像

8ef274b7

Junko Koshino(コシノジュンコ)という盛大なオチ。

 

その後もノイズバンドの非常階段とコラボしたり、もはやなんでもありのアイドル。 いや、むしろ彼女たちが自身を「アイドル」だと言わなければ面白集団としてとらえられていたかもしれません。

 

「現象を売る」というアイドル観

 

このようにBiSの行動はアイドルとして相当理解不能なものばかり。 (マネージャーの渡辺淳之介さんの影響?)

「IDOL is DEAD」や「WHO KiLLED IDOL」という言葉を掲げてきたBiSですが、BiSがAKBから遠い存在かというとそうとは思えない。 むしろ数多く存在するアイドルの中でBiSこそがAKBのやり方の本質を理解して実践できている。

多くのアイドルが握手会、メンバーのキャラ付けなんていう末端部分の模倣に走る中、「現象を売る」という売り方ができているのはAKB、ももクロ、BiSだけでしょう。今でんぱ組も現象を売ろうと必死ですが。

AKBの握手会商法は話題性、特典券商法に支えられたオリコン上位も話題性、総選挙だって目新しさによる話題性でしょう。 マスコミに取り上げられるような「現象」を運営側が提供している。 BiSに比べるといくばくか地味に感じるAKBの現象提供ですが、これに関してはAKBは悪くない。BiSがやりすぎなだけです。

 

ハイクオリティな曲やパフォーマンス、すごく可愛い子、そういったものでいればいいですが実際そんなに都合良く手に入るものではありません。 AKBだって初期の写真はひどいですよ?

以前も言いましたが、アイドルには誰もが認めるような特質がありません。基本的には、です。

目から耳から文字から映像から接触から数字から、それら全てを駆使して現象を売るしかない。 つまり話題性の確保に向かう必要がある。 その話題性によって売上げが左右されるわけです。短期的にはさておき、立ち上げから長期的に見れば話題性は間違いなくアイドルの生命線となる。

だから別に歌が下手でも踊りが下手でもいい。逆に言えば、歌や踊りが上手くてもそれを話題性に変換できていないから売れないパフォーマンスアイドルが多い、と僕は勝手に思ってます。

モーツァルトやビートルズ、松田聖子の曲は後世に聴かれても、AKBのオリコン1位ソングなんて後にも先にも現代の人しか聴かないでしょう。 現代の人だって音楽性を評価して聴いてるわけじゃないし。

オリコン何位っていうのは手段にすぎないわけです。そもそも今のオリコンなんてジャニと韓流と特典券商法とアニソンばかりじゃないですか。誰も気にしてはいません。

話が逸れましたが、現象を売ることによってしかアイドルはアイデンティティが保てない。 その本質に気付いて実行している数少ないアイドルの一つがBiSだというわけです。 AKBだってシステムの優秀さよりも話題性で勝ったわけですから。

nerve

松隈ケンタさんの作曲ではないもののBiSの代表曲と言えばnerve。

というより「アイドル」をそれなりに知っていれば間違いなくnerveは知っているはず。アイドル界のアンセム状態。

ライブで6連続nerve、合計9回nerveをやるというマジキチセットリストも組んだことがあるほどの定番曲。

その影響力はとどまるところを知らず、他のアイドルですらを巻き込むほど。

BiSのステージ乱入が予定調和なのかサプライズなのか知りませんが、おそらくこれが許されるのはアイドル界広しと言えどもnerveだけでしょう。

ちなみにこの動画の見所はアプガヲタの肘打ちなのはあまりにも有名(4:03あたり)

 

BiSとコラボしたとは言えあのDLHですら踊ってみた動画を上げてしまうほど。

パティロケのライブで突然流されてもこの対応力。nerveがいかにアイドル界に浸透してるかがよくわかる動画。

このときはまだパティロケ所属だった渡邊幸愛ちゃんは今やSUPER☆GiRLS。でも決して黒歴史にはならないでしょう。

北海道のロコドルのJewel Kissがライブでやってもこの迎えられ方。

アイドルヲタクとしてnerveが教養ということがわかったと思います。ヘビーローテーションやLOVEマシーンを知っているのとは違います。nerveは「知っている」レベルでなく「体で覚えている」レベルの曲なのです。

 

(自称)よくわからない人たちによるnerve。初期メンバーと現メンバーが揃ってる珍しい動画。

恐らく全メンバーが揃うことはないでしょう。ゆっふぃー…。

研究員(BiSのヲタクのこと)がマジキチだとわかる動画。

BiSは運営、メンバーともに頭ぶっ飛んでますが研究員も頭がぶっ飛んでるから誰も止められない。

ショッピングモールでイベントをするアイドルは多いですが、恐らくここまで一般客にどん引きされるようなショッピングモールイベントを行ったアイドルユニットはいないでしょう…。

一般人へのアピールとしてはどう考えたって失敗しています。

 

 

BiSなりの武道館

 

こんな感じで自分たちのスタイル?を貫き通してきたBiSも解散が決まってしまいました。

その解散ライブのタイトルは「BiSなりの武道館」。会場は横浜アリーナです。

これは単純に武道館がとれなかったからという理由らしいです。

日程は7月8日。ド平日です。

 

おそらく埋まりません。横アリって武道館より席多いですし、個人的には指定席でBiS見るのはなぁ感。行きますけど。

しかしそんな状況も利用できるのがBiS運営。巨大な箱でチケ余り、しかも解散ライブでのチケ余りという不名誉すらネタにしてきます。

【見えませんが音だけ聞きますか?ていうかバカですか?チケット】 指定席 ¥1(税込)

※本当に見えません。音だけをお楽しみください。

わかった!みんなバカなんだ!

いや、これ頭おかしいでしょう。だって1円ですよ。300円くらいのシステム手数料の方が圧倒的に高い。

しかもこれピンチケ以外得しないマジキチ仕様。

察しの通り運営は儲かりません。多分チケット会社に払うお金の方が多いでしょう。赤字覚悟というよりも赤字確定の企画。

チケット会社もほぼ儲からない。システム手数料が数百円とは言えそこから印刷代やらなんやら引かれるし、多分そんなに席出してないでしょうから実質仕事が増えただけですね。

なお10分で売り切れた模様。やっぱピンチケ多いんだなー。

そしてこの1円チケットの売れ行きを見てBiSと運営は思ったわけです。貧乏人多すぎワロタって。

そして出てきた企画がこれ。

【貧乏人はアイドルの敵ですし、ちゃんと相手しません チケット】 指定席 ¥2,000(税込)

※普通のお客として扱われると思わないでいただきたい!

 

そっか!みんな普通じゃないんだ!

 

普通のお客じゃない扱いってなんでしょうか。気になりすぎてむしろこの席でいきたいですね。

 

この解散ライブ、解散に関してまだまだ企画を温めてそうなBiS。解散するそのときまで目が離せませんね。

さぁ、7/8ド平日の夜は横浜アリーナへ!

BiSのリーダー、プールイがマネージャーに送っていたメールをまとめたもの。
立ち上げから駆け出しアイドルの大変さ、りなはむへの不満(と信頼)、離人症、ゆっふぃーとの決定的対立(このへんが一番面白い。ゆっふぃー側でもまとめてほしい)、などなど。
ワッキー脱退までのBiSがある程度わかります。

なおプールイはBiS終了後も松隈ケンタさんとバンドを組んで活動する模様。

 - アイドル語り